外壁塗装には長寿命塗料を選択する事がお勧めです

新築で住宅を建てる際には、後々のメンテの事も考えて建材等を選定する事が重要です。例えば、外壁塗装の塗料の選定の場合には、塗料の価格は高くても、寿命が長く塗り直しまでの期間が長いものを選定する等を考えるべきです。
外壁塗装は、その塗料の種類に良り、塗膜の撥水性効果が得られる寿命が異なります。最も安価なアクリル系塗料の寿命は4~7年で、価格は非常に高いもののフッ素系塗料では15~20年で、最もポピュラーに使用されているシリコン系塗料では8~15年程度と言われています。また機能性塗料である光触媒塗料では10~15年で、遮熱系塗料は15~20年が寿命とされています。
塗装工事においては、その費用は塗料の価格と足場を組む費用と施工工賃で決まります。塗装をし直すたびに、この費用が発生するのです。そうした事を考えると、新築時に価格は高いものの寿命の長い塗料を選択すれば、後々のメンテ費用が安くなると言うメリットがあるのです。
新築時には、こうした将来のメンテ費用も考え、長期での費用の視点で建材等を選定する事も重要なのです。

健康マニアによる無病ライフ内職 アルバイトクレジットカードの即日発行じゃけん住宅リフォーム総合情報童話サプリメント心の童話ショッピングカートマッサージのリアル口コミ.com家計見直しクラブ